こんな場所にはこのハーブ-ゴールデンヘリオトロープ

以前、こんな場所にはこのハーブ-ナスターチウムで紹介した病院のエントランス部分の花壇。ナスターチウムも良かったが、あまり長期間おなじハーブが植わっているというのも芸がないのでときどき種類を変えている。

パンダスミレ
花も長期間咲いて手間いらずのパンダスミレ

球根類を多めに植え込んでみたり、ビオラの仲間を植えてみたり。特にパンダスミレはよく広がってくれた。トラブルも少なく、花壇全体を覆いそうな勢いだった。

当初、この場所に何を植えるかについてはかなり危惧していた。上に屋根があるので雨はかからないし、西側と南側にスリット状の壁があるので日差しも遮られる。そもそも、エントランスのすぐ脇、もっとも人目につきやすい場所であるというのがプレッシャーである。

何年も試しているが、いつも、うまくいくだろうと思う種類が案外イマイチで、「大丈夫かな」と思いつつ植えた種類が思わぬ成長を見せるという厄介な場所である。

今年の春に植えたのが、ゴールデンヘリオトロープ

これも結構な賭けだった。ヘリオトロープ自体が、そもそもちょっと気まぐれなところがある。通販で購入されたお客様からも、「何年も咲かない」とか、「急に葉が茶色になり始めました」と相談があったり、一方で苗から数ヶ月経たないうちに開花したり

そのうえ、葉色が鮮やかな黄色をしているゴールデンヘリオトロープはなおさら葉が弱く、強光線や強い風、乾燥でも傷んでしまいやすい。

「ま、うまくいけばしめたもの、葉の色も鮮やかだし、花も咲いたら香りはいいだろうし」
という感じだった。そもそも、夏が越せないのではないかと思っていた。

今年の夏、ここ山陰は雨が非常に少なく、気温も非常に高かった。なので、メンテナンスに行くたびにドキドキだったが、「え?」と拍子抜けするぐらいに順調に育った。この花壇、見た目より結構深く、根が暑さで傷まなかったのも良かったかもしれない。
ゴールデンヘリオトロープ
秋、少し気温も下がり、一層元気をましてきたようだ。

このスリットから斜めに差し込む太陽が気持ちよさそうだ。

花芽の兆しも見えているが、さて、寒くなるまでに開花してくれれば良いのだが。

こんな場所にはこのハーブ-コルシカンミント

お客様から、「◯◯をこういう場所に植えようと思うのですが、大丈夫でしょうか」
との質問をときどきいただく。

大抵の場合はそれなりの確信を持って答えることができるのだが、いくつかの種類は、即答できないこともある。

その一つがコルシカンミントである。「雑草のようにどこでも育つ」とか、「ミントを枯らすほど園芸が下手」などの例に使われるほど丈夫なミントなのだが中には例外もあるようで、コルシカンミントは結構思ったようには育ってくれない。

ミントの中でもかなり個性的な部類で、葉がとにかく小さい。見た感じにはコケのようである。でも触ると明らかにミントの香り。順調に葉が育てば、小さな葉が密生してとても綺麗だし、花も小さいながら濃いめのピンクでなかなか面白い。

姿も個性的だが、育ちかたにも個性があり、実際、我々がポット苗を育てるときにも、「え、どうして・・・」という感じで急に調子が悪くなることがある。

お客様からも、このミントについては、「急に枯れてしまった」とか、「何度試してもうまく育たない」という話をいただく。環境を尋ねても、申し分ない場所であることが多い。

タイトルにはそぐわないのだが、「こんな場所に」とは薦めにくいのだ。なのでとりあえずうまくいった例を紹介したい。

市内のお客さまのお庭では、種子が飛んで所々に増えているという報告をいただいている。建物の北側にある通路部分で、建物と塀の間が1メートル程度の薄暗い場所のようだ。横に広がるのではなく、島のように所々で群落を作っているとか。それはそれで面白いと思う。

また、当店の、店の前にあるレンガの部分でも、ゆっくりではあるが徐々に増えつつある。
コルシカンミント
この場所は、午前中は建物が影になって日が当たらない。午後からは西日が差し込んでくるというかなり過酷な環境。夏はレンガが熱を持って相当高温になると思うのだが、何食わぬ顔で元気である。

コルシカンミント

もちろん、肥料などは一切与えていない。おそらく移植したり、手を加えると調子が悪くなりそうで、どのように育っていくか様子見状態である。案外来年には急に機嫌が悪くなり、他の場所で育っているかもしれない。

コルシカンミント
こんなレンガの隙間に進出

また、建物を挟んで反対側の花壇にもやはり種子で飛んだらしいコルシカンミントが見つかっている。

コルシカンミント
北側花壇。少しお気に召さないのか、まばらに成長

この場所も結構乾燥しそうな場所なのに、増えることもないが衰えもしないという感じで育っている。

このように、なかなか我々の思うようには育ってくれない。自分が好んだところを見つけて居つくような風来坊、または手をかければかけるほど意地になる思春期の子供のようなミント、それがコルシカンミントである。

 

コルシカンミント

こんな場所にはこのハーブ-スノードロップ

(スノードロップは、普通ハーブとして利用されることはありませんので、タイトルとは少しずれてしまうのですすが、ハーブと組み合わせる植物としての紹介です。また、ハーブ好きの方ならきっとスノードロップもお好きな方が多いでしょうから、参考になればと思います)

どこか他でも書いたように思うが、植物を育てているとセオリーどおりに行かないこともある、というよりも、そんなことがしょっちゅう起こる。

春先は花壇の色味に乏しい。ハーブならせいぜい冬から咲いているローズマリーが咲いているぐらい。もう少し暖かくなるとスイートバイオレットなども咲くのに・・・という時期は本当に寂しい限りだ。

まあ、そんな寂しさがあるからこそ、暖かくなって少しずつ花が咲くのが一層嬉しく感じられるのだが。

とはいえ、多くの人の目に留まる花壇ではそう言うわけに行かない。冬もそれなりに色合いが欲しい。

この花壇は、今まで何度か登場しているが、前後左右にまったく遮蔽物がなく、風通し日当りとも抜群。おまけに周りは道路と駐車場で夏はからっからに乾いてしまう花壇である。ハーブをいくつか育てたことがある方なら、「匍匐性のタイムやコモンセイジがご機嫌に育ち、ラベンダーも間延びしにくい」と言えばどんな環境かお分かりいただけるかもしれない。
スノードロップ
春先の花としてここにスノードロップを植えようなんて、スタッフが言い出した時には「ちょっと無謀かな?」とも思った。スノードロップと言えば、木漏れ日の下で楚々として咲くイメージを抱くことが多いだろう。早春、落葉に覆われた柔らかな土から白い花が姿を見せる・・・と言う感じがぴったりではないか。ところがここは、ザラザラの荒い砂で覆われた花壇。確かに球根なので、かなり幅広い環境に耐える力はある。しっかりした球根ならワンシーズン目に咲かないことはまずありえない。なので、一昨年前の秋に球根を初めて植えたとき、次の春に咲くことは全く心配しなかったし、事実、たくさん花を咲かせてくれた。

ところが球根は、とても強い種類だったり条件が良い場合は増えていくこともあるが、デリケートな種類や、場所に合わないと少しずつ減っていくことが多い。なので、次の秋(昨秋)にまた追加すれば良いかも・・・ぐらいに考えていた。ところが、昨年、ちょうど同じところに植わっているエキナセアを植えかえる時に、そこそこ球根が残っていたので驚いた。このまま咲くかどうか、取りあえず様子を見ようと、球根を追加することも見送った。しかし、まさかこれほどたくさん咲いてくれるとは・・・。

水はけが抜群なのは言うまでもない。周りにはレイタータイムがビッシリと育つぐらいである。花壇の高さは40cmほどもあり、おそらく夏の暑い時期も、地中はそれほど温度が上がらないのだろう。まして休眠していれば、外界の変化もそれほど感じないのかもしれない。

 

スノードロップ

ちなみに、もう十年以上前になるのだが、「スノードロップにふさわしい」庭に、球根を植えたことがある。塀に囲まれ、落葉樹やバラが茂り、涼しくしっとりとした庭の片隅だった。良質な腐葉土もたっぷりすき込み、丁寧に丁寧に植え付けた。

最初の一年こそ、そこそこ咲いたのだが、葉は妙に間延びするし、毎年毎年歯が抜けるように減っていき、いつしかいなくなってしまった。「ここはうまくいくはずなんだがなぁ・・・」と頭をひねったことは今でもおぼえている。お客様の庭での苦い経験は、「スノードロップは気難しい」との印象を私に植え付けてくれた。

しかし今回、拍子抜けするほど順調に育ち、いままでの印象もがらりと変わった。今年の秋はもう少し増やしてもいいかなと思っている。今からすでに、次の春が楽しみである。

ただ一つ難点なのは、山陰の曇りや雨の多い冬の天気。寒風吹きすさぶ曇天の下、冷たい風にただ一人で耐えているような姿は、健気であり、かわいそうにも思えるのである。でも、これだけはどうしようもないんだよなぁ・・・。

こんな場所にはこのハーブ-ワイルドクリーピングタイム

 

ワイルドクリーピングタイム
これは、当店の店の南側、ハーブたちの苗や鉢が並ぶエントランス部分。今年の春頃から伸びてきたワイルドクリーピングタイムが、非常に調子良く育ち、6月の終わりには花を咲かせた。

おおよそ、タイムの仲間はこういったレンガの隙間が大好きである。このレンガはいわゆるインターロッキングと同様な作り方がしてあるのでレンガとレンガの間に少し隙間がある。普通のレンガ敷だと、レンガの下はモルタルでガッチガチに固めるのだが、下は砂で基礎がしてあり透水性もある。そのため、こぼれ種で発芽したこのタイムもこれ幸いと細い隙間からどんどん根を下に伸ばしていったのだろう。

ワイルドクリーピングタイム
わずかなレンガの隙間に向かって根を伸ばしている

普通のお庭でも、レンガなどで作った花壇沿いのクリーピングタイムが妙に元気だと言うことは無いだろうか。レンガにそって下に下にと根を伸ばせる環境がタイムにとっては嬉しいようだ。当店が管理しているあるお庭でも、レンガの通路沿いが一番タイムが元気だったりす
る。

それでも、さすがにこの夏の暑さが耐えられるか心配だった。午前中は少し日陰になるものの午後からはほとんど日光を遮るものはなく、レンガが溜め込む熱も半端ではないだろう。タイムやラベンダーでよくあるのだが、秋に疲れでぱたっと枯れることもあるだろうと思っていた。

ワイルドクリーピングタイム
11月の終わりの様子

ところが冬を迎える今になっても元気なところを見ると、何ら問題が無かったようだ。さすがに、中央部は「グラウンドカバーのミントが枯れていきます」でも写真を載せているように、中央部分(古い部分)がやや葉が落ち始めている。この場合は土をくわえるわけにはいかないので、この冬に剪定をしてやろうと思う。

一つ残念なのは苗のようにすでにある程度根が伸びたものをこの場所に植え付けようとしても非常に困難でしかも成功率は低いということだ。以前、「ど根性ナントカ」で書いたようにこぼれ種や小さい株の時期からこの場所に根付こうとするものなら苦にならないと思うが。

 

(※お断りしておきますが、タイトルに「ワイルドクリーピングタイム」とつけたものの、この株はこぼれ種から生えてきた株で、厳密には「ワイルドクリーピ ングタイム」とは言えないかもしれません。ただ、近くにワイルドクリーピングタイムの株もあり、実際にこぼれ種でも増えやすい種類で、姿形も同様だったの でまず間違いは無いと思います。御了承ください。また、この種類に限らず、他の匍匐性のタイムも同じような場所を好むことが多いようです)

ワイルドクリーピングタイム

こんな場所にはこのハーブ-オレガノ・ハイブリッド

周囲に何も無いというのは、風通しや日当りという点から見ても申し分ない環境である。ただ、裏を返せば、真夏でも一日中容赦なく日は照りつけるし、冬は寒風が吹き付けるという過酷な環境でもあるからハーブを選ぶにもよくよく考えないといけない。

オレガノ・ハイブリッド
ましてや、この場所のように、手前は道路、奥は駐車場、つまり周囲はアスファルトばかりという環境はなおさらハードだ。建物が駐車場を挟んで東側にあるとはいえ、高さが低く、北東方向。真夏の早朝には陰を作るかも・・・という程度。風よけにもまったくならない。

そんな場所でも乾燥を好む(というか過湿を嫌う)ハーブを上手に使えば何とかなる。中央にピンクの花を咲かせているのがオレガノ・ハイブリッド。普段はせいぜい10cmぐらいで葉を広げているが、初夏から花茎をのばして一気に開花する。夏の暑さにも全くこたえないのもうれしい。

実はこれらのオレガノ類は日当りが悪いと本当にだらしなくなってしまう。
オレガノ・ハイブリッド
上の写真は当店の北西の花壇にある同じオレガノ・ハイブリッド。午後からの日差しはものすごくきついが、お昼までは建物で日陰になるのでちょっとだらっとしてしまう。いろも今ひとつ鮮やかさに欠ける。もちろん水もやっていないのだが・・・・

話は最初の花壇に戻る。
中央に看板用の支柱が立っていて、地面から30cmほどの高さ。水はけは抜群に良いが、土も深さが確保され、しっかり土作りもしているので、根にとってはそれほど過酷でもないだろう。

オレガノ・ハイブリッドの花
ちょうど今(7月)、満開だし、これぐらいでドライフラワーにするとすぐきれいに乾くのだが、残念ながらここは「見せる花壇」なので、まだしばらく前を通る人の目を楽しませてもらうことになるだろう。

花が終るころには、地際に次の新芽が見え始める。これらを伸ばすよう、ばっさり剪定すると、その後も成長は心配ない。小面積だがグラウンドカバーっぽく花壇を覆ってくれるだろう。