ローズマリーと蛇の夢

休憩の時、「今年は暖かい」という話になった。

まず、この時期には増えにくいアブラムシがゆっくりとはいえ増えつつある。

普段の年ならもう葉っぱが白くなって落ちてしまう畑のティートゥリーの親木がまだ緑色のまま。こんなことは初めてだ。

これも親木だが、鉢植えのミントマリーゴールドにまだ葉があるどころか花まで咲かせて(残って)いる。

今のところ雪かきなどしなくていい状況は本当にありがたいが、寒い時にきちんと寒くならないのはやはり心配だ。

畑に植えているローズマリーも例年は対策が間に合わず雪でボキボキ折れたりするが、今年は全く被害がない。

そんなローズマリーをふとみると、ある種類の枝先が黄色っぽい。目を近づけたらおやおや、斑入りになっている。枝変わりだろうか。

斑入りでないところが結構少ない。夏は焼けてしまいそうだ

ローズマリーは、種類も多いが、当店の一番初期段階から栽培している。記憶を辿ってみるが、このように斑入りになったことはなかったように思う。

他の斑入り種のように、暖かくなると消えてしまう可能性も高いが、もしきれいに残るようならば増やしてみる価値もあるかもしれない。

そういえば、昨夜、蛇の夢を見た。この辺りでは、蛇の夢はお金が儲かるという吉兆とされる。「もしや・・・」なんてニヤニヤするのも良いが、実際のところは、昨日地元の自然館で蛇やウナギをたくさん見たから・・・というのが原因なのだろう。

一つだけ残されたグリップ

ときどき雪が舞う一日。とはいっても、積もるまでにはならない。ビニールハウスの雪も徐々に落ちていく。今夜も雪マークだが、この調子なら大丈夫そうだ。

冬の少し長めの休みもついに終了。夏は一月以上の通販休止期間があるが、実際のところは水やりには油断できないし、台風はやってくるし、そもそも暑い。あまり休みをエンジョイするという実感が湧きにくい。

冬は年末年始を挟んでプラスアルファ程度だが、大雪にならない限り、まだ気持ちに余裕がある。少しは体を休めた感もあるように思う。

そういう調子なので、本格的に仕事が始まっても、片付けやいろいろなメンテナンス作業が多い。気持ち的にもいまの時期なら細かいところに気がつきやすいのだ。

先週、苗を移動するときに一輪車(この辺りでは通称猫車)の持ち手の部分にしたたかスネを当ててしまってしゃがみ込んでしまった。ゴムのグリップは何年も前に劣化して外れてしまったままずっと使っている。さして不都合もないのだが、気持ちに余裕があると、直しておこうかという気分になるものだ。

ネットで探すと百円を切っていたり、せいぜい数百円。といっても送料がかかる。松江市は、県庁所在地といってもそこは島根県。大きなホームセンターはあっても少ない人口のためになんでもかんでも品揃えしているわけではない。

ホームセンターを何件も探し回っても結局は品物がなくてネットで注文するというパターンは多い。今回もそうなると思っていたのだが、なんと昨日、たまたま他の用事で立ち寄ったホームセンターで、なぜか3つだけ残されていたグリップを発見。ただ、3つが3つとも微妙に形や色が違うという奇妙な状況。値段は55円。屋外の棚に長年放置してあったのか、歪んで色も褪せていた。

さてどうしようかと、とりあえず店員さんに「これって、在庫限りですか?」と尋ねてみたが、やはりそのようだ。「大丈夫ですかねぇ?」と聞いてみても曖昧な返事しか返ってこない。まあ一つ50円のアイテムにかまっていられないのだろう。怖いもの見たさ?という気持ちで3つのうちからそれでも程度が良さそうな二つを購入した。

さらには、バーコードもついていなかった模様。いったいいつからここにあったのだろう。

形は同じなのだが、色合いや質感がかなり違う・・・

今日早速取り付けてみた。素直には入らないなという予感は当たり、木槌で叩き込む。変色してしまったが大丈夫だろうか。

ただ、これでスネをぶつけてもすこしは痛さが和らぐだろうし、真冬の冷たいグリップ(そもそも手袋してるけど)や真夏の激アツのグリップを握らずにすみそうだ。

今になって気がかりなのは一つだけ店頭に残されたグリップ。どういう結末を迎えるのだろう。

ひとりぼっちの苗のために

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

本年もSORAMIMIハーブショップをよろしくお願いいたします。

このブログ毎年、大雪ネタなどで始まって数回記載したのち、春のシーズン到来とともに徐々に投稿がゼロに近づいていくのをここ数年繰り返しているので、今年こそは週一ペースぐらいで続けることができればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

ということで以下本編です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログが続かないのもここ数年の悩みの種だが、そもそも悩みの種は毎年、ボリジの種子ぐらいたくさんできる。これがカモミールの種子だったら収拾がつかなくなりそうだが。

なかなか片付かないでいる悩みの種のひとつが、「売りたいけれど売れない」という苗問題だ。

多品種少量生産というスタイルなので元々、育ちにくかったり、歩留まりが悪い種類の中には、その年、一株とか、ふた株しか育たない苗もあったりする。病気や害虫で全滅に近い被害を受けた種類が、一つだけ残ることもある。

一つだけ育った苗

基本的に、新たに育った苗は発売開始とともにメールマガジンでお伝えしているのだが、数が少ないと発売開始することができない。数十株単位で育っていても、人気のため、瞬時に品切れになってお叱りを受けることもときにはある。もちろん、十分な数を育てられなかった当方に問題があるので頭を下げるより他に方法はないのだが。

まして、一株、ふた株だけでは、発売されずにそのままという苗になってしまう。それでも、できるだけスタッフが個人的に育てたり、親株として畑に植えたり、古い株を更新するために使ったりするように努めているが、それでもやはり1つだけポツンと残っている苗を見るとすっきりしないものである。

 

また、残念なことだが、注文キャンセルされた苗がそういう苗になることもある。ご注文から間もないキャンセルならばすぐに在庫に戻すことができるのだが、問題はご注文からキャンセル希望まで長い日数がかかった場合(一向に連絡がなかった場合も)だ。すでに同じ種類の株は売り切れてしまっているのに、一つだけ残ってしまう。

逆に、残ったのではなく、先行し過ぎて育ったという場合もある。

なぜか一つだけ

当店の苗は多くが株分けや挿木など、いわゆるクローンが多いので同じ種類なら性質も似ており、育つはやさも比較的揃っている(品種改良された近年のお育ちの良い園芸種などに比べれば劣るが)。それでも何かの影響で一つだけなぜか育ちが速い株があったりする。もちろん、他の苗が育つまで待ってから発売開始しても良いのだが、それだけ大きくなりすぎていたり、根詰まりを起こしそうになることもある。一年草なら尚更放っておくと季節によっては花がつき始めることさえある(この場合は、大抵畑行きになるのだが・・・)。

日々、苗の手入れをしながらこういう苗を横目で見つつ、どうにかしたいと思い続けて何年もすぎていった。

一つだけ残った苗たち

ようやく考えもまとまり、こういった、いろいろな事情で数少なく残ってしまった苗を必要としている方もいるには違いないということで、「限定商品」として販売することになった。

ここまで読んでいただいた方ならわざわざ言うまでもないことなのだが、これらの苗は数が非常に少ないので(1株、2株もざら)、すぐに売り切れたり、在庫表示の更新が間に合わない場合も考えられる。

また、商品写真と現状がずいぶん違っている場合もある。こちらはご注文後に確認できる現状の写真で見ていただければと思う。

そのほか、可能性として、時期的に早かったり、遅かったりする場合もあるだろう。なるべく育てやすい時期に発売できるようにするのが基本ではあるが、この辺りはご勘弁願いたい。

また、当然のことながらメールマガジンで紹介することも現実的ではないので、面倒でも「限定商品」のページをチェックしてみていただくよりほかにはない。

現状、下記のようなサービスもあるようなのので、使って見るのも良いかもしれないが。

Webサイト更新チェック アプリおすすめ5選(外部サイト)

https://applion.jp/iphone/topic/220177/

「限定商品」のページから、一つでも、ひとりぼっちの苗が巣立っていくよう願う2022年の初頭である。

苗ページ(限定商品) | ハーブ苗の通販 無農薬・安心の専門店 | SORAMIMIハーブショップ

https://www.qherb.jp/onlineshop/gardening/plants/onlineshop-plantslimited.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういったこともご理解の上で、苗を育ててみたいという方はぜひご注文ください。いつもではないですが、ときにはレアな種類もご紹介できるのでは・・・と思っています。

繰り返しになりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ラベル一枚で一年を棒に振る

5月になった日、待ちに待った一株のセイジの蕾がふくらみ、ようやく花が咲いた。

おそらく植えたのは昨年かその前の冬だと思う。これで一年以上曖昧だったことにようやく決着がついた。ピンクフラワーセイジで間違いない。

わざわざ植えたのだから、原種でありきたりのブルーのセイジとは思えない。おぼろげな記憶ではピンクか白だと覚えているけれど、それがはっきりしない。葉の感じから、白ではなさそうとはいえ、こればっかりは断言できにくい。

もちろん、植えた時に株元に何本か名札のラベルを挿したり、埋めたりしているはずだ。しかし、昨年夏頃にいくら周囲を探しても見つからなかった。

草取りの際には特にラベルには注意するように皆に周知してある。ところが何かわからないが、野生動物がラベルにいたずらをするのだ。

何かにかじられた跡

被害にあったラベルは上の方にかじったあとがある。おそらく、我々がガムを噛むように、噛むと気持ちが良いのだろう。それはいいが、引き抜いて投げ散らかされるので困ったものだ。

酷い場合は割れてしまう

その対策のために、一部のラベルは埋めるようにしている。なので、ラベルが見えなくなったらとりあえず周囲を少し掘ると大抵出てくるものだ。ところがこの株の場合はいくら探しても見つからなかった。そのため、秋に挿し木の親木にしようとしても、種類がわからないので見送らざるを得なかった。

今回もラベルをしっかりと埋めておく

以前、この場所はラベンダーを何種類も植えていた。その時はさらなる安全策としてノートに植えた種類を図で記載するようこころがけていた。今はいろいろな種類を植える場所になったため、ノートの記載までは怠っていたのも悪かった。

一週間ほど経ち、今、開花も真っ盛り。咲き終わったらしっかり剪定して株の充実を図り、秋にはまた挿し木の親木として働いてもらいたい。夏の蒸れとコガネムシの幼虫の食害がなければ・・・だが。

バジルまだですか

気がつくともう4月の20日。小さな体に対してとても大きなランドセルを背負った子供たちが登校する姿も、ようやく見慣れてきた。ゴールデンウィークも目の前だ。

とはいえ、3月半ばぐらいから気温がそれほど高くない、というか朝など本当に寒いので今が4月の下旬という気分にはなかなかなれない。

それでもこの時期になると例年同様、店頭でも「バジルまだですか」とのお問い合わせが入り始めた。ああ、この季節が来たなぁという気分になる。

通販の方にも同様のお問い合わせが届く(原則として発売予定についてはお答えできない旨お断りしているのだが・・・(笑)。

実際去年など、バジルは6月に入ってからの発売となってしまったので急いでおられる場合は、よそで探していただくしか方法はない。事実、ここ松江のホームセンターでも青々としたバジルが店頭に既に並んでいるとのことだし。

かつては春になるとバジルは二重のビニールハウスに入れ、さらに温床で加温までして栽培していた。

加温環境での育苗は日々の温度の管理もなかなか大変だし、暖かい場所なのでアブラムシなど害虫も早くから顔を見せ始める。閉ざされたビニールハウスの中ではてんとう虫やカマキリなどの天敵を頼みにすることはほぼ不可能。手作業で対応するより他になかった。

それほど苦労しても4月の終わりになんとか(ちょっと頼りない)バジルの苗ができるのがやっとだった。そう、確か最速はもう20年ぐらい前だろうか、今日4月20日に発売したような覚えがある。

この辺のホームセンターに並んでいるバジルは、九州や四国などで栽培されたものと聞く。もともと気温が低いこの地、しかも貧弱な栽培施設では、そんなバジルと競おうとしても、そもそも相手にならない。

それなのに高い電気代を払ってまで1日でも早く育てようとしていたのは若さゆえの意地だったのかもしれない。

だが、これから気温が上がればいくらでも育つ季節になるというのに化石燃料を消費し、多大な手間をかけてまで早く育てることへの疑問をいつの頃からか感じ始めてきた。

以来、バジルについても他のハーブと同様、育つ気候になってから無理せず育てるようになった。

本日(4月20日)のバジル

というわけで、今年の今日4月20日のバジルというと、まだこんな感じである。これでは今年も大きくなるのはずいぶん先になる予感。

というわけで

【バジルをお探しのお客様へ】

以上のように、今年もバジルの発売はまだかなり先になる見通しです。お待たせして申し訳ございません。

お急ぎの方は、暖かい土地ならば種子からスタートしてもすぐにこのバジルを追い越すと思います。ぜひ種子から育てることを試してみてください。また、お近くで育った大きいバジルを植えられても良いでしょう。

それで万一上手くいかなかったら、また当店のバジルをお試しください。その頃にはおそらく大きく育っていると思いますので。

どうぞよろしくお願いいたします。