寒いGWのスタートと苗たち

ゴールデンウィークがスタートしたが、ここ数年で稀に見る気温の低さ。

今朝も作業の取りかかりは防寒用にパーカを羽織らねばいけなかった。

天気がいいので最後に残った作業場の薪ストーブを片付けようとしたら、スタッフの一人が「昨日の夕方寒すぎて点けた」という。確かに我が家でもストーブをつけていたぐらいだから、片付けはもう一週間先延ばしにすることにした。

白花モッコウバラ

畑の端にある白花モッコウバラも、もう一歩まで蕾が膨らみながら咲かない。

白花モッコウバラ
4月12日の白花モッコウバラ

4月の12日にこんな感じだったので、GWを待たずに咲くのではという感じだったのだが、その後、気温が高い日が少なかったのだろう。

そういう調子なので、苗の育ちも非常にゆっくりだ。

バジルの苗

毎日のようにお問い合わせをいただいているバジルもまだこんな調子。少し前「GWが終わった頃には・・・」と答えていたのだが、それも怪しい。何年か前、4/20頃に発売したことがあるが、嘘のようだ。

先週、スタッフミーティングで「去年はもうレモンヴァーベナやレモングラスを発売していた」という話が出ていたのにこれも今年はまだまだ。

レモンヴァーベナもようやく枯れ枝から新芽が出てきてもう一歩。例年ならもう枝が3倍ぐらいに伸びている。レモングラスもまだ葉の伸びが弱々しい。

レモングラス

高い気温が好きなものだけではなく、冬に地上部がなくなって春に伸びてくるホップも普段の年よりのんびりとしている。

ホップなかにはまだ膨らんだ芽が地際に見えてきたというぐらいの株もあったりする。

もちろん、加温したり、ビニールハウスを密閉して温度をあげればもっと早く育てることはできるのだが、それは「病害虫さんいらっしゃい」と同じことなのでじっと我慢して気長に待っている。(ブログを見ていただいている皆様も、気長に待っていただくことになりそうです。暖かい地域の方は、お近くで手に入る苗をお求めいただいた方がいいかもしれません。)

一方で涼しいのが好きな種類は絶好調。

暑さや群れに弱い、レッドセイジ、ゴールデンセイジもおもわずニヤニヤするぐらいいい調子だし、イタリアンパセリやチャービル、コルシカンミントなども気持ちよさそうに育っている。

イタリアンパセリ

チャービルコルシカンミント

今年のGWは、涼しいのが好きな種類が満喫しているようだ。

慎重派たち

急に暖かくなったかと思ったら、先日はアラレが降ったり、山間部では積雪と、とても4月とは思えない。

暖かめの冬をのんびりと過ごしたハーブたちもこの寒さに気を引き締めているのではないだろうか。

一方で、本当に寒さに強いハーブたちは慎重派というかすぐには気を緩めないようで、先日ようやくコモンコンフリーが土の中から芽をのぞかせ始めた。

コモンコンフリー

ホップも未だに芽が出てこないので心配していたが、ようやくしっかりとした芽を出し始めた。ホップ

大抵は土の中から伸び始めるが、一つは古い茎から芽を出した。

ホップ
力強いホップの新芽

といっても、親指のような、茎というよりも地下茎に近い太さのところからだった。

この冬は雪が少なかったせいもあって、ビニールハウスをしめた日は片手で数えるぐらいだったと思う。そのせいだろうか、コンフリーとホップの苗も同じようなタイミングで芽を見せはじめたのがおかしかった。

ホップの苗
こちらはコンフリー

ホップは苗の場合、全部が全部春に芽を出すとは限らないのだが、コンフリーはそういうことがないので、かえって芽が出ないので心配だった。

例年なら、大雪が降ったりするとビニールハウスを閉めることが何度かある。その間、晴れ間で気温が一時的に上がったり、夜の気温があまり下がらないので苗も春の目覚めが早いのかもしれない。

外の大株と競うようにこれから一気に伸びるのではと思っている。

民族大移動

心配していた割には積雪が少なかった週末の寒波。それでも10センチほどの積雪があると日当たりがあまり良くないこの場所ではしばらくは外仕事ができにくい。

仕事の選択肢が少なくなってしまうが、こんなときには、しなくても大丈夫だがしておくと後で楽になる仕事を行うのには丁度良い。

そこで、冬の間ほとんど成長しない種類の苗をより寒さが厳しいビニールハウスに移動させる作業を行った。

寒さに強い種類は、冬の間は成長を諦めて落葉したり、さらにはあっさり地上部をぜんぶ無くして冬を凌ぐ。こういう種類はむしろしっかり寒さに当ててやる方が春からグンと成長するし、少し暖かいビニールハウスにおいていてもあまりメリットはない。

なので、始終開けっ放しでほぼ外気と同じ環境のビニールハウスで春まで過ごさせるのだ。

例えば、ホップや地上部がなくなる種類のミントなどがこれにあたる。

ただ、単に移動させるだけでなくて、少し手を加える。

苗には秋に枯れた葉が残り、株元には雑草の芽やコケが生えていることも多い

まず、枯れた枝や葉を剪定して、株元の草やコケも取り除く。

株元をきれいに掃除

湿り気が多い山陰の冬は放っておくとコケばかりが良く育つのが悩みの種。そこで、コケが生えにくいように表面をそば殻くん炭で薄く覆っておく。これでコケが生えるのが相当防げる。おそらく、そば殻くん炭のアルカリ性がコケを抑制しているのではないかと考えているが、実際のところはよく分からない。もちろん、春先に生えてくる雑草対策としても有効だ。

表面に薄くそば殻クン炭を敷く

表面を覆ってしまうと、乾き具合がわかりにくくなるのが難点だが、乾きにくいこの季節だし、土の表面が覆ってあることでより乾きにくくもなるようだ。

1ケース作業完了!

1ケース処理するのに5分ぐらいはかかるが、忙しい春になって雑草やコケを取る手間を考えると決して無駄ではない。

株元にすでに小さな芽が

処理を終えたケースは極寒のビニールハウスへ大移動。

ずらりと並んで春を待つ苗たち。春には元気に芽を出してくれるだろう。

これからしばらくこの作業が続きそうだ。

こんな場所にはこのハーブ-ホップ

店舗が移転して、花壇を作ったとき、店舗西側の花壇、縦長の窓の下にホップを植えた。ちょうど、ゴーヤの日よけカーテンが話題になり始めたかどうかという時期だった。お客様のお庭に植えたホップがあまりにいい感じに伸びたので、店舗でも試してみたかったのだ。

それなりに西日が当たるし、風当りも強いので、葉やけなど心配したが、幸い花壇が深く、相当根もしっかり張ったようで、成長期と真夏の渇水のときだけ注意すればほぼ大丈夫。2年目からはしっかり日よけとして役に立ってくれるようになった。

ホップ

隣の窓は内側のブラインドもあるのだが、暑さを和らげるという意味では圧倒的にホップのほうが勝る。また、内側から優しいグリーンの葉が見えるというのは視覚的にも涼しさを感じる。ビール好きにとっては、毬花がぶら下がっているのがまた心をくすぐられるものだ。

もちろん、ツルが絡んで行くための支柱などが必要だが、ここは目立たないよう、黒のワイヤーを扇形にして這わしている。強度的にも問題はないようだ。

ちなみに、毬花の中心付近には苦み成分のルプリンが付着している。毬花ごと口にすると、苦み成分ということが実感できる。また、表現しにくいが、何とも言われない風味もある。

ルプリン
以前、イタズラで甘めのビールに毬花を混ぜて飲んでみたことがあるが、苦いビールにはならなかった。やはり製造時に加えないとダメなんだろう。考えだした人はエライね。

努力は買いたいが

店の横のホップの葉にかじられた跡が目立ち始めた。葉をひっくり返してみると、一瞬ぎょっとして手を引っ込めてしまう。毎年お目にかかるとは言うものの、さすがにこの極悪そうな姿にはついひるんでしまう。

キタテハの幼虫
正体は、キタテハの幼虫(だと思う)。毒は無いらしい。普通は、雑草のカナムグラにやって来ると言う。同じHumulus属、似たような味がするのだろう。見た目も良く似ているし。それにしても周囲にはこれ一株しかないし、カナムグラも近辺には無い。食べ尽くしてしまったらどうするのか考えなかったのかな、なんていらぬ心配をしてしまう。

頑張って探してきたのだと思うと、退場願うのは心苦しいのだが・・・。緑のカーテンに大穴を開けられてしまっては・・・。