こんな場所にはこのハーブ-ハニーサックル・セロチナ

ゼロからお庭を造るのではなく、すでに形ができているお庭に手を加えていくときに問題になるのが元からある構造物である。

 

花壇であり、柱であり、塀であるが、上手に活かせるか、それとも庭づくりに邪魔な存在になるか、知恵のしぼりどころだ。

 

このお庭を初めて見た時も、畑の縁にあるサルスベリと、そのすぐ横に立つ木製の電信柱(?)の残骸がまず目についた。とにかく、サルスベリとの位置関係が微妙な場所に立っている。

 

てっぺんから割れが入っているとはいえ、まだまだ結構丈夫な感じ。切り倒してしまえば分けないのだが、なんとか使えないかなと考えてしまうのが私の悪いところだ。

 

柱状のものなら、何かを巻き付かせてしまおう、ということで、ハニーサックル・セロチナを柱の足下に植えてみることにした。西側にサルスベリがあるので、初夏から秋にはそこそこの日陰にもなるが、ハニーサックルは陰にもかなり耐えるので問題ない。花も先にハニーサックルが咲いて、夏にサルスベリが開花するので、重なることもなさそうだ。

 

元々が野菜を作っていた畑だったので、肥料が十分だったのか、秋に植えたら、翌春からすくすくと育ち、一年半経った今年はつるの数もかなり増えた。

 

ハニーサックルは、細い枝なら絡みついていくが、これぐらい太いとさすがに無理だし、アイビーのように吸着するわけではない。釘かなにかで、つるを固定するものを作ろうかとも思いつつ、昨年はてっぺんの割れ目に長いつるを引っ掛けて、それ以降はそのつるに新しいつるを絡ませていくことで十分固定できた。

ハニーサックル・セロチナ

今年はまだかもと思っていた花も咲かせ始め、気温の上昇とともにつるの数もどんどん増加、毎回訪れるたびにつるの処理に追われている。

 

先日行った時には、隣のサルスベリにも絡みつき始めていた。もしかしたら来年にはこの柱もほぼ覆われているかもしれないと予想している。今後は肥料は控えめに。そうしないと、何年か後にはサルスベリも覆い尽くすぐらいになりそうだ(実際、ツルバラと組み合わせたお庭もあるのだが、何年か後には大抵抑えるのに苦労する。バラの肥料が効きすぎるんだよね・・・)。

 

 

こんな場所にはこのハーブ-ナスターチウム

 

楽しむお庭と見せるお庭では植える植物を選ぶときの考え方も異なってくる。

楽しむお庭では、自分が好きなものを選び、さらにその場所に合うのであれば言うことは無いが、見せるお庭では、来ていたただいた方が「ここは良く手入れされているね」と感じていただくことも大事である。しかも、植物のことを知らない人が見てもそう思っていただくのが理想だ。

なので、依頼されて見せるお庭を造るのはプレッシャーも大きい。うまくいくものと、育ちにくいものを入れ替えつつこまめにメンテナンスする必要がでてくる。お客様の好みも入れると選択肢はますます限られてくる。知恵のしぼりどころだ。

この場所はスタッフが植物を選び管理しているとある病院の花壇である。初め、ナスタチウムを植えるという話を聞いた時には少し「どうかなー」と首を傾げた。品種はナスターチウム・ミルクメイド。明るい緑色の葉と、クリーム色の花が清楚な感じのナスタチウムだ。

ナスタチウム・ミルクメイド

ここ松江ではナスタチウムは結構育ちかたが微妙で、うまくいく場合は良いが、ダメな時はサッパリと言うハーブである。また、柔らかいせいでポッキリ折れやすいのもやや扱いにくいところ。もっと涼しい地域ならば、春から秋まで長く楽しめるし、もっと温かければ、秋から春まで楽しむことができるだろう。しかし、夏越しも難、冬越しも難という土地なのだ。

もちろん、春に植えて夏までの一年草として扱う分にはいい。ただ、ナスタチウムの魅力は夏以降、盛り返してくると秋遅く、場合によっては年末まで花と葉が楽しめることだ。日々手入れを怠らなければ十分可能だが、さて、1,2週に一度のメンテナンスしかできないよそのお庭でそれができるか、まず心配だったのだ。

それでも植えてから夏までは順調に育ち開花。夏も虫食いに会ったり、葉が傷んだりしたが、強めに剪定したことで、周りのハーブに守られて秋を迎えた。今回、南向きの花壇だったので、夏越しも相当ハードルが高かったのだが、幸い真上にエントランスの屋根があり、真昼の直射日光は防げた。そのかわり雨がかからず、真夏の一時期の水やりには苦労したようだ。

 

ナスタチウム・ミルクメイド
11月初めの様子。涼しくなり、快適そうに開花中。

秋からは元気を取り戻し、花も次々と楽しめるようになった。特に明るい色の葉と、花のコントラストが目に優しい。

 

ナスタチウム・ミルクメイド
12月終わり。程よい日差しでまだまだ元気

予定通り年末を迎えた。そろそろダウンしてくるし、年末年始のところで刈り込むことになるかな?と考えていたのだが、相変わらず開花中。どうやら、横からの日差しが冬の成長を助けていたようだ。エントランスの南には半分目隠しのようにスリット状の壁となっている。そこからの光が程よく当るのだ。

ナスタチウム・ミルクメイド
4月、新しい葉もかなり出た。かなり刈り込んだのにまだ隣が窮屈そうだ。

結局年を越え、厳冬期も乗り切った。もう3月にはわさわさ。さすがに周りの植物にも影響を与えるし、新芽も出して形を整えたいしと、半分ぐらいばっさり剪定。それでも4月にはいい葉が揃いはじめた。

さて、二年目を迎える。このまま今年も順調に育って欲しい。

こんな場所にはこのハーブ-カニングハムミント

当店のお庭作りでは、ミントの仲間を使うことは滅多にない。

ミントを地植えしたことがある方ならお分かりかもしれないが、周りの植物を圧倒するほどはびこったり、春、思わぬところからヒョッコリ地下茎の芽が出て来ることも多い。大抵「植えて後悔」のパターンだ。

まして、メンテナンスに訪れる周期が長いお庭等には怖くて使えない。

とはいえ、その強健さや成長の速さなどのメリットを生かさない手はない。このお家は、玄関の前の通路にカニングハムミントを使っている。

カニングハムミント
写真は昨年の暮れの状態なのでやや寒さで葉の色が褪せているところもあるが、もう植えてかれこれ10年近くになる。

元は中央の平たいステップの周りは玉砂利が敷き詰めてあったが、玉砂利の間から小さな雑草が生えて来て見た目が非常に良くなかった。北西向き、南側は建物なので(手前が西)、日中も比較的薄暗く、黒っぽい玉砂利がよけいに雰囲気を暗くしていたというのもあり、グラウンドカバーを植えることとなった。

元々日陰だし、冬はマイナス10度近くなる土地柄。なるべく手間もかからない種類ということでカニングハムミントに決定した。

夏はさすがに少し細かい草が生えるものの、それほど困るほどではない。むしろ渇水で雨が降らないとさすがに傷みやすい。夏は西日も結構差す場所だ。

手前側は車の車輪が載るため、徐々に薄くなってしまう。最初は時々補植していたが、改善はしないため、近年は割り切って無理なところはあきらめてもらうようにした。

右側の壁側にはリュウノヒゲがあるが、案外どちらも仲良く、自分のテリトリーを守っている感じだ。数年に一度、追肥を兼ねて植え替えをする程度で普段は全く肥料を与えないが、ちょうど良いようだ。剪定作業も、せいぜい左側の駐車スペースに伸びたのを整えるぐらいでほとんど不要。お客様はこのスペースの手入れは全くせずに済んでいる。

決してこれがベストとは思っていないが、まずまずうまくいっているので、他のものに変える勇気がないまま何年も過ぎている・・・。

こんな場所にはこのハーブ-ゴールデンレモンタイム

タイムの仲間は、冬の間花こそ無いものの葉色が様々に変化していろいろな姿を見せる。赤く色づくもの、斑が鮮やかになっていくもの、夏の間明るいグリーンだった葉が落ち着いたグレーになってしまうものなど、見ていて楽しい。

中でもゴールデンレモンタイムは気温が低くなっていくとともに葉の鮮やかさが増してくる。ここ松江近辺だとおおよそ10月の半ばぐらいから葉がその名の通りゴールデンの色合いに変わってゆく。

 

ゴールデンレモンタイム

このお家ではお庭の通路部分と花壇部分の境界の彩りとしてゴールデンレモンタイムを30cm間隔ほどに植えていった。夏前の定植だったので、強い豪雨等による泥跳ねが心配だったし、通路部分がむき出しだと雑草もバカにならない。そこで、通路にはココナッツチップを撒いたところ、とても具合が良かったらしく、どの株も非常に調子が良い。

元々、匍匐性のタイム類はこういうレンガの縁のようなところに植えると結構ご機嫌なようでうまく行きやすい。根がレンガに沿って地中に伸びていくため、夏の暑さにも耐えるし、水はけも良いのだろう。

この場所は東向きで後ろの花壇がかなり背が高いセイジ類があるため、午後はほぼ日陰になる。そのため夏の間、葉焼けもせず(葉やけをするとまず点々のように葉に出てくる)、秋を迎えた。

元々が野菜畑だったところなのでやや肥料分が多すぎるようで、予想していたよりも育ちすぎた感じである。通路にもやや出過ぎのかんが否めないのでこの冬か春先にはいちどサッパリと切り詰めてやる必要はあるだろう。

こんな場所にはこのハーブ-黄花アキギリ

セイジとか、サルビアというと地中海とか中南米というイメージがわきやすいが、世界中に分布する属なので日本にもセイジ(サルビア属)は何種類もある。

サルビア属であってもさすが日本原産というべきか、木陰でひっそりと咲くタイプが多い。なかでも山野草として愛されているアキギリは典型的だ。

その名の通り、秋に咲くので夏にも強そうに思うが、乾燥と強光線は苦手である。大きくて柔らかい葉は、夏の強い日差しに茶色くカリカリになってしまうのだ。

黄花アキギリ
この花壇では、明るい花色がお好きなオーナーさんのご希望で黄花アキギリを定植。南側にメキシカンブッシュセイジの大株を植え、昼頃からの直射日光が防げるようにした。(というより、メキシカンブッシュセイジの大株を花壇の中心に・・・というご希望だったので、陰になったところに黄花アキギリを植えたというのが正しいが。)幸い、裏山が迫っている場所なので夕日も心配がいらない。実質日が当るのは朝10時ぐらいまでだろうか。メキシカンブッシュセイジは、冬から春は地上部が無くなるし、背が高くなり、直立した枝がたくさん出るので株元は夏に強い植物を植えるのにちょうど良い。春先に咲くような、冬には日が欲しいけれど暑さに弱いもの(本当は大きな落葉樹の下が一番良いのだが)を組み合わせて植えるのに重宝する。

今年6月に定植し、梅雨の間に活着。真夏、まだメキシカンブッシュセイジが株が十分に広がらなかったため、8月終わりには葉が傷みはじめて相当心配した。柔らかで大きな葉も持ち味なのに、葉が傷んではせっかくの良さも半減してしまう。でも、その後メキシカンブッシュセイジの急激な成長もあって、コンディションも持ち直し、10月終わりにはかなり花が楽しめるようになった。

ちょうど、この場所から少し離れた峠に、黄花アキギリの自生地がある。そこもこの写真のように木漏れ日に映える花が群生し、息を飲むほど美しい。ここ数年足を運んでないけれど、今も広がっているだろうか。