早起きは種子とともに

夜明けが少しずつ早くなってきた。朝はそれほど苦手ではないほうだが、冬の間は他の季節に比べると布団から出るのがおっくうだ。

それでも2月も後半になると、明るくなるのが早くなってきたことと、もう一つ布団から抜け出すモチベーションが発生するので、朝起きだす時間が早くなりつつある。

春の苗のための種まきは種類にもよるが秋遅くから始まる。場所の都合もあるが、一気に撒いてしまうのではなく、種類を変えたり同じ種類でもずらしてまいてゆく。

とはいえ、気温が極端に時期は撒いた種子も発芽する種類は非常に少ない。そして、それらの種子が眠りから目覚め始めるのが少し暖かくなるこの時期なのだ。

毎年同じような種類の種子だし、年によって姿が変わるわけではない。それでも種子が発芽するのは待ち遠しく、発芽を見つけるとやはり嬉しい。毎日何かが発芽しているわけではないにせよ、春に向けた動きがあるというだけでも朝布団から出る気分がずいぶん違うのだ。

ハーブの場合、いろいろな種類があるので発芽の姿も様々。サイズも様々。仕事にもまだ余裕があるこの時期はじっくり観察するのもまた楽しいものだ。

イタリアンパセリの発芽

気温が低くてもよく発芽するイタリアンパセリ。少し気まぐれで、発芽するときはすごくたくさん出てきて困るが、同じパッケージでも「あれ?」と不思議に思うぐらい発芽しないこともある。
ジャーマンカモミールの発芽
ジャーマンカモミールは、とっても小さいが、ギザギザがついた本葉が出てくると見分けやすい。こぼれだねで生えてきても見つけやすい種類だと思う。
ローマンカモミールの発芽
こっちはローマンカモミール。いつもは株分けで増殖するので、発芽した姿は普段そんなに見かけない。
コリアンダーの発芽
以前も紹介したコリアンダー。たまに一つだけしか出てこないこともある。
ストロベリーの発芽
ルーゲンストロベリー。小さくてもしっかりイチゴの葉だ。ハーブも、種類によっては小さいうちと大きくなってから葉の形が違うものも結構あるが、これは見間違えることがない。
アニスヒソップの発芽
アニスヒソップは小さい上にあまり特色がない芽生え。本葉が出てくるとすこし分かりやすいが、零れ種で生えてきたら雑草と見分けるのは困難だ。
ナスタチウムの発馬
ナスタチウム。丸い葉の上に玉のように乗る露が魅力だが、発芽したばかりの葉にもしっかりと露が乗る。
カルドンの発芽
たくましく大きく育つカルドンは、発芽からして力強く土を押しのける。
チャービルの発芽
チャービルも割と気まぐれで、出るときにかぎってこんなにたくさん。分けるのが大変だ。
ローズマリーの発芽
普段は挿し木でばかり増やすので、これもお目にかかることが少ないローズマリーの発芽。親木の株元の零れ種である。

まだまだ数え切れないほどあるのだが、今日のところはこれまで。

ゆっくりとハーブたちの芽生えを観察できるのももう少し。本格的な春になるとそんな余裕もすくなくなるから、せいぜい今のうちにじっくりちいさな命のスタートを見つめてみたい。

こんな場所にはこのハーブ-ナスターチウム

 

楽しむお庭と見せるお庭では植える植物を選ぶときの考え方も異なってくる。

楽しむお庭では、自分が好きなものを選び、さらにその場所に合うのであれば言うことは無いが、見せるお庭では、来ていたただいた方が「ここは良く手入れされているね」と感じていただくことも大事である。しかも、植物のことを知らない人が見てもそう思っていただくのが理想だ。

なので、依頼されて見せるお庭を造るのはプレッシャーも大きい。うまくいくものと、育ちにくいものを入れ替えつつこまめにメンテナンスする必要がでてくる。お客様の好みも入れると選択肢はますます限られてくる。知恵のしぼりどころだ。

この場所はスタッフが植物を選び管理しているとある病院の花壇である。初め、ナスタチウムを植えるという話を聞いた時には少し「どうかなー」と首を傾げた。品種はナスターチウム・ミルクメイド。明るい緑色の葉と、クリーム色の花が清楚な感じのナスタチウムだ。

ナスタチウム・ミルクメイド

ここ松江ではナスタチウムは結構育ちかたが微妙で、うまくいく場合は良いが、ダメな時はサッパリと言うハーブである。また、柔らかいせいでポッキリ折れやすいのもやや扱いにくいところ。もっと涼しい地域ならば、春から秋まで長く楽しめるし、もっと温かければ、秋から春まで楽しむことができるだろう。しかし、夏越しも難、冬越しも難という土地なのだ。

もちろん、春に植えて夏までの一年草として扱う分にはいい。ただ、ナスタチウムの魅力は夏以降、盛り返してくると秋遅く、場合によっては年末まで花と葉が楽しめることだ。日々手入れを怠らなければ十分可能だが、さて、1,2週に一度のメンテナンスしかできないよそのお庭でそれができるか、まず心配だったのだ。

それでも植えてから夏までは順調に育ち開花。夏も虫食いに会ったり、葉が傷んだりしたが、強めに剪定したことで、周りのハーブに守られて秋を迎えた。今回、南向きの花壇だったので、夏越しも相当ハードルが高かったのだが、幸い真上にエントランスの屋根があり、真昼の直射日光は防げた。そのかわり雨がかからず、真夏の一時期の水やりには苦労したようだ。

 

ナスタチウム・ミルクメイド
11月初めの様子。涼しくなり、快適そうに開花中。

秋からは元気を取り戻し、花も次々と楽しめるようになった。特に明るい色の葉と、花のコントラストが目に優しい。

 

ナスタチウム・ミルクメイド
12月終わり。程よい日差しでまだまだ元気

予定通り年末を迎えた。そろそろダウンしてくるし、年末年始のところで刈り込むことになるかな?と考えていたのだが、相変わらず開花中。どうやら、横からの日差しが冬の成長を助けていたようだ。エントランスの南には半分目隠しのようにスリット状の壁となっている。そこからの光が程よく当るのだ。

ナスタチウム・ミルクメイド
4月、新しい葉もかなり出た。かなり刈り込んだのにまだ隣が窮屈そうだ。

結局年を越え、厳冬期も乗り切った。もう3月にはわさわさ。さすがに周りの植物にも影響を与えるし、新芽も出して形を整えたいしと、半分ぐらいばっさり剪定。それでも4月にはいい葉が揃いはじめた。

さて、二年目を迎える。このまま今年も順調に育って欲しい。

朝のフレッシュサラダ

主に多年草を主体に育てているせいか、正直言うとあまり一年草の栽培は得意ではない。特に、開花期になると、有無を言わさず花芽を付けていくエネルギーについていけない感じだ。

苗を育てる上でも、ちょっと目を離した隙に花が咲いていたということもよくある。このナスタチウムもちょっとポット上げ(用土節約のため、プラグまきであった)が遅くなったこともあり、まだ株が十分に成熟しないうちに花を咲かせ始めた。

ここ数日バタバタしていたため、気にはなっていたのだが、花芽の剪定も後回しだった。今朝ようやく少し時間に余裕ができて花芽を摘む。ナスタチウムは本当にどこでも食用にできて、花や葉はもちろん、花芽も、花の後にできる種子(柔らかいうち)もぴりっとした辛みとともに、美味しく食べられる。

見た目は花のほうが良いだろうけれど、柔らかい食感や、これから花を咲かせるところを食べてしまうという罪悪感もスパイスになって、花芽のほうが美味しい気がする。

ナスタチウム花芽

いくつか食べると、朝の眠気もどこへやら。明日はもう少し摘んで、朝食のサラダに入れよう。

積算温度

天候が悪く、気温の低い日が続いていたが、ここ二日ほど太陽が顔を出してくれている。日が当たると気温もさることながら、気分が明るくなるのはありがたい。

太陽が顔を出すのにあわせてか、ナスタチウムも顔を見せ始めた。

ナスタチウムは直播きがセオリーだが用土節約も兼ねプラグ蒔き。ポット上げには気を使う。
ナスタチウムは直播きがセオリーだが用土節約も兼ねプラグ蒔き。ポット上げには気を使う。

先月半ばに蒔いたというのに、ようやく今頃発芽。例年ならばそれでも数日に一度は日が当たるので一月かからず発芽する。いわゆる積算温度の関係だろう。でもビニールハウスの中であっても、日光が当たらなければ0℃の少し上程度。かといってがんがんボイラーでもたいて加温して一日でも早く発芽させようと言う気はない。

ただ、一度発芽した新芽が傷んでしまうとチトまずい。種が大きい分、エネルギーがあるのであきらめずにまた芽が出てくることもあるのは驚きだが、できれば最初の芽を順調に伸ばしたいところだ。先日の寒波が今冬のピークであると願いたい。

寄せ集め部隊

昨日に続き、もう一鉢紹介。こちらは、もう少し後、10月の初頭に作りはじめた鉢植えである。

yoseue0912111

2カ月を経て、ようやく見栄えがするようになり、店頭へ持ってきた。

材料は下葉がすっかり無くなってしまったフレンチラベンダーのアボンビューをメインに、

アボンビューラベンダー

だらだらに育ったナスタチウム、色が不明の同じくナスタチウム、まずまずまともな宿根ネメシア(扱いやすくて、花も長期なのでついつい多用してしまう)、そして伸びきってしまったエリゲロンである。いずれも圃場のあちらこちらから持ってきた寄せ集め部隊である。

素材

いずれもばっさり剪定して植え込んだ時はこんな感じ、非常に殺風景である。鉢も、一年ぐらいビニールハウスでほったらかしのテラコッタ。良い意味で味は出ているが・・・

寄せ植え

こんなひどい状態でも、何度か剪定をしながらきちんと育てれば、店頭の隅を飾るぐらいにまではなってくれる。来春、ラベンダーの開花が楽しみである。