差がつく気温

今日は風は冷たいものの、午前中は日差しに恵まれて、ビニールハウスの中ではサイドを開けていてもすこし動くと汗ばむほどだ。なんとなく春の気配がうかがえる感じだ。

今朝も天気がよかったが、氷点下にまではならず。2月9日朝に記録したマイナス9度は、この冬の最低になりそうだ。

後日調べてみたら、気象台でマイナス7度を記録していた。このあたりはやはりすこし気温が低い。

すこし気になって理科年表を開いてみたら、1940年からの統計で、松江市ではマイナス8.7度が最低記録のようだ。記録日は1977年の2月9日。

この場所でハーブを育てるようになって10年以上になるが、おそらくこれほど下がったことはないように思う。

ハーブたちにも辛い寒さだったようで、いままで見れないような姿も見せている。

特にジャスミン大輪ジャスミンは明らかな違いを見せた。

ジャスミンに比べて、大輪ジャスミンは寒さに弱いとされるのだが、ここで育てている以上では、いままでの冬は全く違いが見られなかった。葉の状態を見ても、すこし赤みが強くなっているかなという程度の差。

ところが今年は目に見えて違いが現れた。

ジャスミン
ジャスミン

普通のジャスミンの方は、葉が黄色くなったのだが、隣にあった大輪ジャスミンのほうは茶色く変色して、ずいぶんしおれてしまった。

大輪ジャスミン
大輪ジャスミン

より寒さに弱いジャスミン・フィオナサンライズは葉が傷んで落葉することはあるのだが、大輪ジャスミンがこのような風になったのは初めて見た。

おかげで、やはり耐寒性に差があるということがよくわかった。おそらく葉は落ちてしまうだろうが、株は大丈夫だろう。春には新芽が出てくるに違いない。

これでもいちおうビニールハウスの中である。加温はしていなかったにせよ、外だったら危なかったかもしれない。

寒さの被害はあとでじわじわと表面化してくる。まだこれから他の被害が見えてくることは覚悟しておかねば。

黒い果実

地植えしているものはともかく、鉢植えや苗で育てているハーブは花が終ると早めに剪定するように心がけている。

花の後、種子を採って増やす種類はごく限られているし、種子を付けさせて株に無駄なエネルギーを使わせないためである。特に挿し木に使う親株などは花芽の時点でカットしたり、開花後なるべく早く剪定する事が多い。

ヤスミヌム・ムルティパルティツム

ところが中には剪定を忘れるものもある。そんなヤスミヌム・ムルティパルティツムの一株に黒い実が付いていた。確か初めのころは緑色だったように思うがそのころの姿は写真に撮るのを忘れていた。いつの間に熟したのだろう、冬の陽を受け黒光りする姿はなかなか印象的である。寒さの中、少しでも太陽の光を吸収しようとしているようにもみえる。

この後どうなるのかまだしばらく放っておいてみようと思う。

来なかった夏

まだ暑さは残るものの、朝夕は涼しく、午前中も早いうちはとても作業がしやすくなってきた。結局今年は冷水のシャワーを浴びることなく秋を迎えることになりそうだ。

毎年、梅雨が上がり、強烈な日差しが肌を焼くようになると、冷たいシャワーの方がが気持ち良く感じるようになる。その日を持って、「夏の到来」ということにしているのだ。

ということは、今年は私に夏は到来しなかったと言うことになる。

圃場でも毎年掛ける寒冷紗も出番が来ることなく9月になってしまった。例年なら寒冷紗を掛けても葉焼けでチリチリになるような種類も今年は御機嫌だ。

新芽の縁が茶色く焼けてしまうパイナップルミントやしなしなになりがちな斑入りのラングウォートなども比較的元気。また、ゴールデン葉のものも今年は楽な夏だった感じがする。

ジャスミン・フィオナサンライズ

ジャスミン・フィオナサンライズもそのひとつ。柔らかく、しっとりした葉を広げて秋の空気を喜んでいるかのようだ。去年は暑さで斑点状に焼けてしまった葉が痛々しかったのに。

でも、私も含め、油断していると来年しっぺ返しが来るかも知れない。ゆめゆめ油断せぬように。