丁寧な仕事

畑の隅で育っている白花モッコウバラも咲き始めた。冬の豪雪でずいぶん枝が折れたが、その様なことも感じさせない。

白花モッコウバラ
朝日を浴びる白花モッコウバラ

毎年黄色が先で、少し遅れて白が咲く。明るいグリーンの葉に映える白花は超の時期の爽やかさを一層増してくれる。

さて、GW前、苗の出荷が一つのピークを迎えつつある。この季節、日時指定も多いが、苗という性質上、あらかじめ余裕を持って数日前に発送するということができない。発送日が4月28日ならばその日に必ず発送しなければならない。

梱包作業は時間との戦いだ荷物の集荷時間が近づくと、なおさら焦ってくる。

「間違えないように、丁寧に!」

と、自分を言い聞かせるが、未梱包の苗を見るとどうしても焦らざるにはいられない。

そんなとき、苗を固定しているゴムパッチンを見ると焦る気持ちもずいぶん落ち着いてくる。

ゴムパッチンは近くの「放課後等デイサービス・ピピ」の子供達が作ってくれている。

丁寧に10枚づつ束ね、きちんと箱に梱包されて納品されてくることにいつも感心している。

10枚ずつ丁寧に束ねられて納品される

さらに、当店で苗を購入された方は気付かれているかもしれないが、何枚に一枚かの割合で、ダンボールの表面にゴムをかける目安の線が付けられている。

まっすぐに書かれた線には理由があった

どうしてこんな線が引かれているのか、不思議に思ってピピの職員さんに尋ねてみた。

この線がついていると上手にゴムをかけることができる子がいて、その子のためにつけているのだそうだ、しかもそのために、線を引くのが上手な子がこの線を書いているという。

見事な役割分担だし、まさに、ちょうど良い場所にゴムがかけられていて苗もすっと収まるのに感心する。

昔々、我々スタッフでこのゴムかけをしていた頃はゴムをかける位置がまちまちで内側すぎたり、外側すぎたりと、苗を固定するときにも一度かけ直さないといけなかったりして二度手間だったが、いまは作業もスムーズだ。

苗を固定するだけの台なのに、こんなに丁寧な仕事をしていただいていることを考えると自ずから我々の仕事も丁寧になる。

お客様のところでも丁寧に育てていただけるに違いないと思いつつ、梱包作業は続く。

デジタルとアナログ

風はまだつめたいが、今日は20度近くまで温度が上がったようだ。

日の出直後、畑にある温度計では2度だったので、気温の差が激しい。ビニールハウスの中は尚更なので、気温が上がり過ぎないよう、ほとんど開けっ放しにするようになった。

春は気温の上昇、そして朝方の低温が気になって温度計をよく見るし、夏は夏で(あまり見たくないけど)、「うわ~、38度!」とか、「結局熱帯夜だったか・・・」とチェックする。秋はそれほど温度計を見ることは少ないが、やはり秋の終わりの気温の下降が気になる。そして、今年の冬ほど最低気温をチェックした年もなかったように思う。

最高最低温度計
一番古株の最高最低温度計。相当過酷な環境においているのだが・・・

本格的に園芸に携わるようになるとやはり必要になってくるのが温度計なのだが、昔からあるアナログのものやデジタルのものなど色々なものがある。値段も100均から、精度の高いものは何万円とか、上を見たらキリがないだろう。

圃場では最高最低温度計を使うことが多いが、デジタル、アナログとも使っている。

ところが、この一年でデジタルの方が一台ダウンした。もともと、複数台使っていたが、表示温度に1,2度誤差があった。確かにデジタルの方が、視認性が良く、パッと現在の気温がわかるのだが、暑い時期など、液晶が真っ黒になってしまうこともあった(涼しくなったら戻ったが)。

アナログ温度計とダウンしたデジタル温度計
アナログ温度計とダウンしたデジタル温度計

ところが今年は完全にダウン。電池も変えたがウンともスンとも言わなかった。

今になって気づいたのだが、置いておける場所が、0℃から、50℃だった。冬場は氷点下になるし、50℃ももしかして・・・という環境である。致し方ない。

使用環境
案外ひ弱?値段相応

それに対してアナログの方は、一番古株はおそらく15年ぐらい経っているのだろうが、過酷な環境であってもまったく問題としない感じである。

温度計
地温も測れるタイプ。当店ではあまり使わない

デジタルの方は、湿度も一目でわかったりする優れものだったりするが、時々調子が悪くなるとその数字にも疑問符がつく。

過酷な環境を考えると、壊れた分の補完はアナログになりそうである。

水道屋さんに転身

やはり2月になると、晴れの日が明らかに増えてくる。今日も朝から気持ちの良い空が広がった。

温度計

そのせいで最低気温はマイナス3度。井戸水を引いている水道も凍りついていた。

水道が凍りつく

おそらく昼前ぐらいまでは使えないだろう。寒さが本格的になってからは外の手洗い場はあまり使わなくなった。

なので、先日の寒波の時に寒さで凍った継ぎ目部分が外れてしまったが、応急的に差し込んでそのままになっていた。暖かくなって使う頻度が多くなったらきちんと直せばいいぐらいに考えていた。

ところが、今朝、なぜかふと、

「あ、凍っているなら今のうちに接着できるぞ!」

と、閃いた。

直す際には水が流れていては接着できない。ただ、ポンプを止めるだけではダメなのだ。井戸の水面の方がこの場所よりも上にあるため、落差で水が流れてくる。きちんと直すなら、井戸に入れてあるパイプを外すことから始めなければならない。

寒いなか、その作業を考えただけで、「またにしようか・・・」という気分になってしまう。

ところが、今日は管の中で水が凍っていて止まっている。このチャンスを逃してはもったいない。

他の作業をする予定を急遽変更。水道屋さんに転身だ。

押し込んであったパイプを取り外し、タオルで水分をふき取る。

パイプの修理

風は冷たいが、「今しかない」と思うと寒さも忘れてしまうものだ。パイプが乾いたのを見計らって接着剤をつけ、ぎゅっと押し込む。数分もするとほぼ大丈夫。あとは氷が溶けるのを待てば良い。

修理完了
修理完了!

お昼前には通水が確認できた。

井戸のパイプから取り外すとなると、前後の作業も含めて30分はかかるところだが、今回はものの5分!

次に凍結して外れても、あまり落ち込まなくても済みそうだ。

人事を尽くせば

数年に一度の寒気が流れ込んでいるらしい。

朝はそれほどでもなかったが、午後からかなり雪が強くなってきた。この冬のピークになりそうだ。

大雪の恐れがある日は、雪がすこしでも滑り落ちやすくなるようにとビニールハウスの中にストーブを灯す。

ストーブ

今日も夕方、ストーブをつけに行ったのだが、午後からの雪で、すでにビニールハウスの上に10cm弱も積もっていた。

時間的にこれからどんどん気温も下がるだろうし、一度雪を下ろしておく必要があると判断した。

こんなこともあろうかと、出かけるときにこの冬の秘密兵器を車に積んでおいた。

ひとつは、伸縮可能なアルミポールのついた窓拭き。高い窓などを下から拭くときに使うものだ。軽い上に長さも調節でき、先端のガラス拭きのところが柔らかく、ちょうど雪を引っ掛けやすい形状になっているのでビニールの上の雪を引きずり落とすのにはぴったりだ。もちろん、メーカー非推奨の使い方なので、真似しないように。

窓拭き
雪を引っ掛けるようにして引っ張ると滑り落ちる

降り続く雪で、ビニールハウス2棟ほどの雪下ろしをしたところで、雪が深くなってきて歩きにくくなってきた。

ここで、もう一つの秘密兵器の登場。カンジキである。おそらく松江あたりの人はここが雪国であるという意識はない(僕もない)だろうし、カンジキを履いている人など見たことがない。

昨年の大雪のとき、深い雪の中を移動するのに往生したので、秋に通販で購入しておいたのだ。この冬は出番はないかもと思っていたが、買っておいてよかった。正直に言うと、使うのをすこし楽しみにしていたのだ。

買ってすぐ、一度だけ装着したが、そのときを思い出して「なんとなくこんな感じだったよな」という程度で長靴に結びつける。

軽くてつけているのを忘れそうだ。歩いてみると、なるほど、非常に楽である。一年に一度しか使わなくても持っていて損はない。

カンジキ

カンジキをつけてなおさらスムーズに作業は進み、30分ほどで完了。カンジキはすこしずれていたが、全くぐらつきもなかった。ジャパニーズスノーシューズ、ワンダフル!!

ストーブもつけたし、秋には全てのビニールハウスに支柱も入れている。人事は尽くした!これでつぶれるような雪が降るようなら諦めるしかないので、今夜もぐっすり寝ることにしよう。

紛失防止策

 

パイナップルセイジの赤い色も鮮やかになり、ラベンダーの秋の返り咲きもピークを過ぎてきた。

パイナップルセイジ

イレーネドイルラベンダー
秋にも返り咲きしやすいイレーネドイルラベンダー

毎年この時期は冬に向けての圃場や施設の整備を行う。まだ10月のうちならば晴れて気持ちが良い天気も多いが、11月に入ると急に雨の日が多くなってくるからだ。

畑の草取りを始め、冬に肥料作りを行うビニールハウスの整理整頓、掃除、今のうちにできる樹木の剪定も行う。

ビニールハウスの片付け
肥料作りで活躍する小さなビニールハウスも大掃除

特に、夏の間に伸びた雑草を片付けるのは大仕事なので、10月に入ってから、徐々に行うようにしている。

ハサミや鎌や熊手などを総動員しての作業だが、油断しているといつもなにかが行方不明になる。

草の山
この中にハサミが紛れている・・・はず。グリップがグリーンなので見つかるかどうか

今年もスタッフのハサミが草を集める時に一緒に紛れてしまって、未だにみつからない。この草山の中にあるはずなのだが探し当てることができるのだろうか・・・。

ハサミとストラップ
なくすと大変な大事なハサミはストラップを

大事にしている私のハサミは落下防止用コードでハサミケースとつないでいるからなくなる心配はないのだが、そのかわりなんども鎌が行方不明になった。

鎌で草取りをしていて、「おっと、このハーブも剪定しておかなきゃ」と、別の作業に取り掛かり、その場に置いてしまって忘れるのだ。腰袋をつけているので、挿しておけばいいのだが、すぐに使うからと足元に置いたが最後、あとで「どこにやったかなぁ」と探し回ることになる。

それでも、探して見つかればいい方で、先日は、いくら探しても見あたらず、時間ばかり過ぎていき、結局探索を断念した。

その翌日、刈った草を片付けていたら草の下から発見。前の日にも調べた場所だったのに、枯れ草と似たような色でわからなかったようだ。何日も経つと錆が出たり柄が傷んだりするので、すぐに見つかって幸いだった。

紛失した鎌
柄が出てきた
鎌発見
翌日だったので傷みはなかった

この鎌、小さい割にしっかりしていて、使いやすく気に入っている。だが、近所では売っていないので無くすと困るのだ。

探し回るのがいい加減嫌になったので、落としてもすぐ見つけられるようにと、柄に色を塗ることにした。さすがに、紐で腰と繋いでおくわけにもいかないし・・・。

ちょうど、以前つかった赤い塗料が残っていたので、草の中でも目立つよう、柄の部分を塗装してみた。確かにこれならきっと見つかりやすいだろうが、なんともどぎつい。せっかく柄もいい感じに使用感が出てきたところだったのに。

鎌の塗装
見た目的には・・・美しくない

後で考えてみると、鮮やかな紐を握り部分に巻くのもよかったなと思えてきた。ペンキが剥げてきたら、それもいいかもと今から企んでいる。